腱板損傷

腱板損傷

 

腱板とは肩甲骨から上腕骨に付く回旋筋(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の腱であり、関節面が不安定な肩関節において関節を安定させるに大きな役割を果たしている組織です。

 

腱板断裂は40歳以上の男性の利き腕の肩に多く発生します。

また、腱板断裂の多くは棘上筋腱にみられます。これは肩関節の構造上、棘上筋が骨と骨に挟まれやすい位置にあり、血行が乏しく、年齢とともに変性しやすい部位だからです。

 

腱板損傷の原因

腱板損傷の原因

 

腱板損傷の原因は、腱の変性と腱に加わった外力によって発生します。

20代までの若者では腱の変性は少なく、よほどの大きな外力や過度な運動の繰り返し(投球動作等)が加わらなければほとんど起きることはありません。


しかし、40~50代からは腱の変性が進み、転倒して手をつくことや重い荷物の上げ下げなどで損傷が発生するようになります。

また、高齢者では腱の変性が高度になり軽微な外傷による断裂することや明らかな原因がなく自然に断裂してしまうこともあります。

 

腱板損傷の症状

腱板損傷の症状

 

腱板損傷の症状は、肩から腕の外側の痛み、断裂部の圧痛、就寝時夜間痛、運動痛(特に肩を上げて下げる時の動き)、周囲の筋の萎縮、軋轢音などが上げられます。


腱板損傷の治療

腱板損傷の治療

 

腱板断裂には完全断裂と部分断裂があります。

どちらも自然に断裂部分が修復することは難しいですが、多くの場合手術をしない保存療法で日常生活動作に支障がなくなるまで改善します。


受傷後の痛みが激しい時期は炎症を抑えるためアイシングを施し、三角巾などで患部を固定します。


その後、痛みの軽減に伴い温熱療法、電気療法、可動域訓練、筋力増強訓練を加えていいます。


十分な保存療法をしても痛みや可動域の改善がみられない場合は縫合や筋移行術などの手術的治療が行われます。

 

腱板損傷の鑑別

腱板は肩関節を安定させる為とても大きな役割をはたしています。

損傷した腱板を治療せず放置しますと関節のバランスが崩れ、変形性肩関節症などを引き起こす要因になりますので、しっかりとした治療が必要になります。